2008年10月19日

残った食材使い回し術

 「今月はちょっとフトコロがピンチ」なんてときには、冷蔵庫にある食材をかき集めましょう。工夫次第で意外とリッチな食事にありつけます。
 残った食材で料理となると、なんにでも応用できるのが野菜スープやシチューです。余った野菜を片っ端からに入れ、水とコンソメで煮込むだけ。胃腸にやさしいリゾットでも、この野菜クズでおいしくできます。安い牛スジ肉を買ってきて、野菜クズと煮干といっしょに鍋にいれ、水からコトコト煮込みます。塩で味を調えて、ご飯を加えた上に卵を落とせば、なんとクッパの出来上がりです。
 食パンとシューマイがあまっていれば、肉まんに早変わりします。パンの耳を落として、パンの四隅をくっつけてシューマイを包み込みます。(パンを少し濡らしておくと、くっつきやすくなります。)アルミ箔で包んだら、その上からパンの綴じ目あたりをひねってオーブンで焼くと、ほかほかの肉まんの出来上がりです。あるいは、ラップしてレンジで加熱してもいいでしょう。
 「残った食材を使う」というより、食材を使いきると考えましょう。そのほうが前向きに考えられます。例えば、ブロッコリーのかたい芯や茎を捨ててはいけません。これだって立派な食材です。きんぴらに加えれば、彩りもいいし、歯ごたえもばっちりです。大根の葉っぱを味噌汁の具にするのは当たり前ですし、大根やニンジンの根の部分を皿に置いて水にさらしておけば、葉っぱが伸びてきてまた食べられます。万能ねぎやワケギは根元を数センチ残して水に入れていけば、また青い葉が伸びてきます。これを捨てるのはもったいないことです。
 ひとり暮らしの食生活を、リッチとはいえないまでも、いっぱしのものにするためには、調味料を欠かさないのがポイントです。サシスセソ(砂糖、塩、酢、醤油(セうゆ)、味噌(みソ))に加えて、マヨネーズとすき焼きのタレがあれば十分です。

【在庫限り!限定特価】モッフルメーカー (1枚焼タイプ)
【在庫限り!限定特価】モッフルメーカー (1枚焼タイプ)
カートに入れる

ビジネス屋本舗
 
タグ:食費 節約 食材
posted by クッキングパパ at 17:19| Comment(24) | 食費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。