2008年08月13日

自炊は本当にお得?

 最近は、弁当屋さんや総菜屋さんといった「中食」のレベルが格段にアップしています。バラエティにとんだメニューを必要なだけ食べるには、必ずしも「自炊はお得」とはいいきれない時代です。
 料理は、そのときに食べる一人分だけを作るのは、とても難しいもの。上手に残す技術が必要です。
 しかも、素材を厳選してだしを取ってと、本格的においしく作ろうとすると、一定以上の手間と時間と材料費が必要です。光熱費も意外とかかります。
 慣れないうちは、調理や味付けのバリエーションも少ないので、いきおいメニューも偏りがちになります。自分の作るものの味に飽きてしますと、自炊そのものが嫌になります。
 中食やレトルトをひと手間かけて、おいしく食べたり、残りものを上手にアレンジする力をつけて料理の幅を徐々に広げていきましょう。

ちょこっと電気鍋
ちょこっと電気鍋

ビジネス屋本舗
ラベル:自炊 食費 節約
posted by クッキングパパ at 18:45| Comment(0) | 食費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。